アーカイブ

スポンサーリンク

お薦めの医者選び

精神科の医者悩みますよね。症状が良くなりにくいので、本当にこれでいいのか疑ってみたり。そこで医者を選ぶ時のお薦めを書いておきます。

1、病気になってからすぐ見てほしいところですが、まずどこも忙しくて急に新患をとれません。こんなに苦しいのに2週間待ちとかざらです。緊急の時は、電話をかけまくり探す。かなりひどいことを伝えるなどして早めの受診はお薦めします。ただ、予約が取れなくても医者を恨まないでね

2、できれば近くの病院がいいです。鬱などは長く通うことになります。具合が悪い中通うのはただで差負担ですし、経済的にもきつくなります(医療費控除の対象になります)

3.できれば、しっかり話を聞いてくれる先生。クリニック先生は本当に忙しく一人5分はかかってないと思います。中には、パソコンばかり見る先生もいます。一応一瞬表情は見ているようです。しかも、無表情で感じ悪いと評判の先生でしたが、最後治ったときだけ笑顔見せてくれました。

4、こちらの希望も考慮してくれる、そして、むやみに薬を出さない。眠れないならハルシオン出しとけみたいな医者もいます。しかし、介護士の経験から言わせると、かえてフラフラになり悪化していることが多かったです。

5、基本信頼する。症状が治らないと疑ってしまいますが。私は、これも運命くらいに考えます。セカンドピニオンはいいことだとは思ってますので、気になる方はどうぞ。しかし信頼関係が大切なのは忘れないでください。

私自身も復職の関係でどうしても直したいと思っていて、薬飲んででもとりあえず乗り越えたいと考えたのですが、それは諭してもらえました。容易に薬を出す先生は要注意です。あと、あなたも努力して勉強してきたし、私もこのバランスが一番だと考えている。苦しいですが付き合っていくしかない。と今回ハッキリ言われました。ショックでしたが、言いにくいことを言ってくれた先生に感謝しています。私の先生はいい医者です。(わるぐちいいますが^^)

スポンサーリンク