アーカイブ

スポンサーリンク

朝起きて、どうしても仕事に行けないあなたに

  朝、目が覚めると「あー今日仕事にいきたくないな」。だれでもありますよね。もちろん、今日も仕事が楽しみ!とか、お客様の笑顔を見れば疲れも吹っ飛ぶ!とか、給料もらえるなら!。など、前向きな意見もあるでしょう。しかし、この記事は、それらの前向きな気持ちがあろうとなかろうと、今、どうしても仕事に行けないと困っている方のための記事です。

  仕事に行けないけど、行かなければならない。悩んでいる方は、簡単に休むことができない方でしょう。けれども、やっぱり無理、いけない!という気持ちも湧いてきて、その繰り返しになる。では、どうしたらいいのか。ですよね。数ある選択肢の中で、何を選ぶか。その決定権はあなた自身が持っています。ここで、この記事のもっとも言いたい答えを先に書きます『一人で悩まず、相談すること』これをしてください。そんなこと言っても、仕事のことで相談できないよ、気軽に相談する人もいないよ。と思う方がいたら、それは間違っています。この社会がべストとは言いません。むしろ、厳しすぎる社会になってきているでしょう。そんな社会にも、あなたの話を聞いてくれ、あなたの力になりたいと思っている人はいます。もちろん、私もその一人で、同じ悩みで苦しんだ一人です。(現在も継続中)あなたにとって、よい行動を整理するお手伝いが出来たらと、思います。

1・自分の本当の気持ちを知る

 今後この課題を解決するには、まず、自分の本当の気持ちを自身が知る必要があります。自分のことはわからないものですので、答えが出なくても深く考えすぎないでください。事例を使ってヒントを得ましょう。

(例)仕事に行きたくないとも思うが、ほかに人もいないし、やることもあるので行かなければとも思う。

  この場合、どちらもほんとうのきもちですよね? ここで大切なのは、本当のあなたは、どうしたいと思っているか。自分は(理由があって会社に行きたくない。が自分の気持ちになります。やることもあるというのは、外的な要因になります。つまり、あなたは、休みたいと思っている。が気づいてほしい気持ちです。

2・いける状態か

  次には、そもそも、いける状態なのか。社会人は多少異常があっても無理をするのが当たり前になっていますよね。風邪程度では行ったとしてもインフルエンザくらいにならないとなかなか休めませんよね。無理は推奨しませんが、行かなければいけない事情もあるため簡単に休んでとは言いません。しかし、起き上がってフラフラしてしょうがないとか、そもそも、起き上がれない。こんな時は、休んでいいと思います。これは、体調面だけでなく精神面でも同じです。体調は自分でも直そうとするんですが、精神面は無理してしまうんですよね。甘えたくないし、強い気持ちでいたいし。行きたくなくても、いけるならいいです。しかし、途中で足が止まる。涙がでる。無理すぎる。と思う方は、いける状態ではないのではないでしょうか。私は、フラフラしても、涙が出ても、行きました。数日後に倒れましたが。その間、中央網膜症や、神経がおかしくなり足がうまく動かなくなりました。早く休んでいれば、ここまで重症にはならなかったと思います。こういう事例もあるので、くれぐれも無理はしないでください。

3・問題を書き出してみる

 頭で考えるより、書いて視覚化したほうが整理しやすいです。その際に2つだけ、守ってください。問題点は、書けるだけ書く(10くらい)。そして、それらをその都度判断しない。例えば、業務が多いとか、当たり前のことも書いてほしいのです。かけるだけ書いてから初めて評価してください(点数化)そのうえで、やっぱり今日は行こうとか、もしかしたら、休めるな、とか答えが見えることもあります。ここでも、自分を大切にした答えを忘れないようにしましょう。

 

4・上記でもわからない場合

 さて、考えても答えがわからない、どうしようどうしよう。という方、一人で考えずに相談しましょう。一人で悩んでもいい答えは出ません!家族や友人、会社の方でもいいです。それらに相談できなくても大丈夫です。まず、医者はいろんな知識を持っているので的確な助言をしてくれます。(私は倒れた後もまだ会社に行くといったとき医者が責任持つから休みなさいと言ってくれた)そのほかにも、各行政で相談業務も行っています。心の相談窓口など電話相談(リンク張貼っておきます)できるところも、お薦めです。

  仕事は我慢!その言葉も大切だと思います。しかし、こうして悩んでいるあなたは、自分にも責任をしっかり持って働いているのでしょう。一つ言えるのはあなたのは決して甘えではありません。むしろ、止めようとして反応してくれているあなたの心身は正常です。ですので、まずは、しっかり相談する勇気を行動に移して、何より自分自身を大切にしてくださいね。

スポンサーリンク