アーカイブ

スポンサーリンク

リワークには神がおる

2017年11月30日

おつかです。

 今日は、リワークの日。前回は鬱症状があり無念の欠席。
今朝も相変わらず具合の悪さはあったのですが、出かけました。

 リワークに行くとすぐに、職員や利用者の方に『だいじょうぶ?表情が違うよ』と声をかけられます。自分でもわかる顔色の悪さ。そんな具合でしたが、リワークで半日もすごし、共に過ごした仲間とも笑顔で話しているうちに、午後には、また表情が違う、いい方にねと言われました。そもそも、表情に変化が出にくいとされている私に気が付く周囲。ずーと一緒にいても顔も見ない職場。この差は大きいですよね。環境は大切ですね。そして面談でのこと、調子がいいとはいえ私は鬱です。(普段は絶対に言わないが)言ってしまいました。

自分
うつになるとおきあがれない。こんなんじゃあ、仕事なんかできるわけがない。仕事ができなければ、死ぬしかない

こんな話人にはしないので自分でもしまったと思いました。しかし、

神様
死ぬくらいなら仕事をやめなさい

と、復職を支援するリワークの職員がそれを言うのは、勇気がいるでしょう

神様
次の仕事も絶対に見つかるから!
神様
絶望なんてすることありません!

私のような40のおっさんは、次の仕事も少ないことは知っています。ましては精神障害者は身体障害に比べても格段に厳しいのも知っているでしょう。それでも、言い切ってくれると、すごい励みになります。

ほんと、リワークに出会えて救われています。

スポンサーリンク