アーカイブ

スポンサーリンク

犠牲心と自己離脱

おはーです。

認知療法ではその人の考え方の癖を自覚することは大切です。一つ自分の、特性に気がつきました。正義感が強いのは、リワークでも相談していました。これは、私の発達障害の特性の一つであることも。いい正義感の度を越しているというか、自分で抑えようとしても止められないんですよね。勿論いい面もあるのは分かっていますが…

今日気がついたのは、〈犠牲心〉これを、持ってしまっていること。そして、正義感と密接な関係にあるのでわないかということです。普通の人も持ってはいらと思いますが、私はこれも幼少期から強かった。例えば、野球では、チームの為のバッティングで自己犠牲を教えますがそういう、いい教えではなく、車内で、席を譲るのはいいことですが自分が立たなければいけませんよね。その程度ならいいのですが、下手すると自分の命すら投げ出そうとするんですよね。今の仕事の問題もそう。ここまで来ているなら、命の方が大切だと分かっています。しかし、自分の命を投げ出してでも仕事にいこうとしたり。このサイトもそうです。元々は同じ悩みの方が、共感し合える場所をと、考えて作っていますが、ソーシャルの悪い特性で、やはり、理解できない方に叩かれるし、自分のリスクもかなり大きな議題です。それでもなお、やろうとする。こんな特性だから、今苦しんでいるのが状況が自業自得ということも理解できています…

もう一つこれも上記と関係があると思います。自己否定が強い傾向は気が付いていたのですが、自己離脱があることに気が付きました。というより、自己疎外の方が正しい言い方かも。これは、何かの団体にいる時、自分は迷惑かけるからここにいてはいけないと思うこと。自分がそこにいたくてもね。きっと、捨てられる恐怖があって、捨てられる前にっていう思いもあるんだろうけど、それ以上に迷惑かけたくないと思う気持ちが強すぎて、、、以前うつになったときはこの気持ちで自分から辞めました。天職だと思ってた仕事を。この自己疎外はいたるところで行動に移してきて、失敗しているので、これに気が付いたら止めるようにはしてるけど、やっぱり強いんだよな。具体的に言うと、迷惑かけるなら会社辞める、大好きな家庭すら思う、いたら教育に悪い影響与える。命すら、この世にいても邪魔なだけとか、だから、葛藤で苦しむんだろうな。家庭に関しては、家内がしっかりしてくれるから持ってるだけです。改めて、ありがとう。

もし、こう言った症状でお悩みの方や、この心理に詳しい方がいたらご意見聞かせていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク