アーカイブ

スポンサーリンク

去年の今頃

2017年12月22日

おつかです。

 最近朝方、現実かどうかわからない、カラーの夢を何度も見ます。
今日は、以前の職場で働く夢。以前異動前の上司や同僚がいて安心している自分がいました。やっと帰ってきた。そうも思っていました。急なトラブルが入って上司に「参ったわ、どうすっかな」といわれ「俺が行きますよ、任せてくださいよ」と言っている俺。実際去年はそんな感じでした。普通に体も動いてたし。

 ちょうど今頃、昇進試験受かったころだったかな?「おめでとう」と言ってくれた中、私は昇進して会社と戦うつもりだったのでうれしいという感情がなかったのを覚えています。 

 以前から私の会社では、パーキンソンや障害者の人を配慮なく働かせたり、新人を失敗したらすぐ辞めさせたり、鬱者も多い、利益主義なところがかなりありました。その都度訴えましたが、聞き入れてもらえず、個人的にサポートするにとどまりました。会社は利益は大切ですが、人があってのものだと思う。会社が変わらなくても、自分の手の届く範囲では、訴えていくのに力がほしくて昇進しました。
 現に、私の会社はブラック企業ノミネートされている会社ですが、昇進研修の時教官が「ブラック企業にノミネートされてる話をしたのを聞いたらやめさせてください。新人が入ってこないので」といったので、「それを変えようは思わないんですか?」といって睨まれました。それなのに、会社に逆らってやめるならまだしも、鬱になって休業とは、情けない。やっぱ、自分が成果あげてからこそ堂々と言えるので。今回も降格を強要されていますし、実際家事もろくにできない状態なので、復帰も厳しいのが現実です。一つ心残りなのが、もっと会社をまともにしたかった。無念。

 

スポンサーリンク