アーカイブ

スポンサーリンク

素晴らしい君が 今ここにいる

2020年12月3日

お義父さんがなくなる、前日に残した詩です。

認知症がありますが、人生が見えるいい詩です

夕暮れの本人の好きな時期です。書いた時期は春ですが。

愛の深い人でした。人にも、地域にも、郷土にも、歌にも

詩は、書いた本人の気持ちと、読み手の感性で意味が変わってくると思います。

私は、この詩が、今までであった全ての人、そして、愛する人たちに贈った言葉に見えます。
お義父さんの人生は、幸せばかりではなく、多くの苦労も乗り越えてきました。
しかし、最後は、自分は恵まれて幸せだったと言っていました。

 

きみすべて

すばらしいきみが

今ここにいる

全世界の人に言える言葉です。

どんな人も、どんな人でも、素晴らしい

そして、今、ここに存在していることがすばらしい

全世界の人に届け!

 

スポンサーリンク