アーカイブ

スポンサーリンク

高い壁乗り越えるか?避けるか?

自分が過労で倒れた大きな理由

高い壁を乗り越えられなかったからだ

つまりは自分がそれ以上に耐え仕事ができる身体、精神を持っていれば乗り越えたのだろう

ただ、明らかに自分自身の細胞がそれを拒んだ。圧倒的に。

だからこそ仕事をしたい自分の意思と拒否する心の葛藤が自分の身体を蝕んだのだろう

今までだって、高い壁があれば登ろうとしてきた。最初から挑戦しない事も、挫折した事もある。そして乗り越え切った事も多くある。

今回壁に阻まれた自分の中の感情の一つに「ここで諦めたらもう乗り越えられない!自分の限界を見たくない」そんな感情があった。

そう、それが事実とは言えないのだが、その時はそんな自分を認められなかった。

なんでもできる限りできる自分でいたいという欲に捕らわれていたのだろう

限度は同じ人間でも環境や時期で大きく異なる。それが事実だと思う。もう、人生のうちで乗り越えられないかもしれないし、今なら乗り越えられるかもしれない。

しかし、ある程度の能力はやはり覆らない事も多くある。

今回は自分の限度を思い知らされた出来事。そうも、思う。

同じ境遇の人がいたら言いたい。

だからといって、これで終わりではない!

壁に阻まれてからの行動それが大切なんだ。

そして冷静に考える。壁があれば乗り越える事が全てではない。生きるという意味で、避ける勇気を持った人間も勇者であると思うし、乗り越えた人を称えもする。

要は、どちらも正解。

人生ってだから趣深いんじゃないかな

スポンサーリンク