アーカイブ

スポンサーリンク

うつ病からの回復 家族旅行

二泊三日の家族旅行

去年倒れてから念願の家族旅行で気づきが大変多くあった

今回行ったディズニーランド。縁もあり年に一回ぐらいは行く機会があった。個人的には何度も行っているので行きたいと思うわけではないが、好きか嫌いかであれば、ディズニー自体は大好きである。

ただし、昨年倒れてから、連れて行ってという娘に、とても答えられない自分が切なかった。当時も思ったことだが、今振り返ってもどうしても無理!なのだ。

理由はたくさんあると思う。まとめておくと

1.体力が全く持たない(生命力がない)

2.運転が危険

3.休職中であり、大きな旅行も倫理とデリケートな判断が必要

4.考えるだけで恐怖

5.経済的に苦しい。。。

まだまだありそうだが、きりがない。

休職してすぐの時、妹が横浜に住んでおり、気分転換にと誘ってくれた。ありがたいことだ。しかし、実際2階から1階に移動もできない中でとても旅行などにはいくことができなかった。

そんな思いを乗り越えて、今旅行に行ってきた。その思いも噛みしめながら、、、

喜び、幸せでいっぱいであった。思い出も多くできた。

最近は仕事も順調の一言。休日出勤、超勤、多忙な業務、新人教育。どれもこれも大変ではあるが、前のように当たり前に働けている。

そして今回、プライベートでも前と同じくらいの体力が戻っていることに驚いた。

仕事ではやはり緊張感や使命感があり、自分でも気が付かなくとも気が張っているため、体力が持ちやすい。プライベートになると一気に鬱っ気がくるなんてことも多い。

しかし、その気が緩んだ旅行でもディズニー内を歩ける自分に驚いたのだ。とはいえ、相当の時間椅子に座り居眠りなどもしていたし、グッタリする疲れもある。しかし、これらはこれだけ移動に運転し、ハードの仕事の合間の旅行。当たり前の疲れと言っていい。鬱の疲れは全く性質が違うことをしっかり確信した

何より、支えてくれた家族への恩返し。

また、行こうね

スポンサーリンク