アーカイブ

スポンサーリンク

薬を辞めろと言わなくなった上司

以前いた職場は、うつ病の方が何人もいた

しかし、上司は口を揃えて言う

私の職場に問題はない!お前たちが甘えていると。

そこで休職になった私に待っていたのは、想像がつく人には分かるだろうが、ドラマのような容赦のない仕打ちである。

色々あるが、今回は薬について

うつ病の方にとって薬は必要不可欠。私自身介護士として、薬の副作用によりADLが大幅に衰退する人を何度も見ていたので、薬についてのイメージは良くない。

それでも、実感として薬の必要性については熟知している。

会社の上司が悪いとは一概に言えないのだろうが、本当に会社にとっていいことは、しっかりと服用しつつも、しっかり働いてもらうことである。

しかし、リスクを恐れる会社としては安全管理なども考え、薬をやめるように安易にアドバイスをする。

しかし、そのアドバイスは、人を殺めるアドバイスである事を本人達は知らない。

もう2年毎回のように言われ続けた時の事。私以外のうつ病の方が復帰した後指示に従い薬を辞め、再発した

その時ありがたいことに、その上司は過ちを理解したようだった。

そして、薬は必要なんだと認めてくれた

私は

「寄り添ってくれてありがとうございます」

そう答えずにはいられなかった

 

スポンサーリンク