アーカイブ

スポンサーリンク

復職できた理由 リワークの存在

復職して1年過ぎた

今回復職できた理由の一つに『リワーク』が大きく影響している

リワークという言葉自体多くの人が知らないのではないだろうか。私もそうだった。(リワークについてはこちら

リワークとは簡単に言えば復職支援してくれる施設である。

私の県内には1か所しかないことからもわかるように、それ自体メジャーとは言えない。

基本3か月。休職中の人間が復職を目指し訓練をする。私のように精神疾患による休職はそれほど、戻ることが困難となる。

実際の経験上、リワークには鬱からある程度回復して、更に復職の意欲のある人間が通う。その時点で、かなり絞られているのだが、リワークに通えば復職が成功するというものでもない。

私の目撃した状況では成功率5割行かない程度であろう。実際、リワークを卒業してフォーローアップがあると言っていたが、連絡はないことから見て、正しい成功率は国や自治体は把握できていないであろう。あったとしても、信憑性は低い。

私自身も大きく力は借りたが、リワークの職員も私の会社との話し合いにはお手上げ状態だった。
そういった意味では、リワークに通っても復職できるのラッキーな方なのは間違いない。

リワークでは、認知療法や、作業能率、自己分析、アンガーマネジメント、更には、復職時の挨拶まで練習する。グループワークなどもメインとなる。

ただ、今の私にとって、それらの技術より、寄り添ってくれた職員の方たちの存在が重要に感じる。

復職では、歓迎される人は少ないであろう。というより、厳しい目線で見られることは多いだろう。実際私もそうだった。それでもがんばれ、乗り越えられたのは、リワークの職員のように働く権利を私に与えてくれた人たちの存在が大きい。

厳しい目線で見られ、ましてや、精神疾患からの復職という偏見も加わる。そうすると、自分の存在が正しいのかすら迷うことになる。(もちろん、一般の人も同じだが、、、)そんな時リワークの職員を思い出すと、勇気をもらえる。『誰が何と言おうと俺は働いていいんだ』と

感謝しかない

スポンサーリンク