アーカイブ

スポンサーリンク

鬼門 夏と鬱

気がつくとこの時期が、どうしても心が落ちる

私にしてみれば「この時期に特別いろいろな事柄が起きる」
そのようにも感じるが、それは、心が弱っているから余計そう感じているのかもしれない

どちらにしろ、この時期が鬼門なのだ

以前震災ボランティアの後眠れなくなり、適応障害になったのもこの時期だ

とにかく、サイクルが狂う

鬱と自律神経の関係は大いに深いと感じている私は、この夏の暑い時期に交感神経が高くなるせいもあるとは考えている

ただし、それだけではなく、人間の本能の記憶力は神秘的な力を持っている

若い頃の音楽や匂いを感じるとそのときを思い出せるように、強烈なトラウマをもしかしたら私は感じて落ち込むのかもしれない

わかっていても、そのサイクルに入ると抜け出せすことは困難。だからこそ、できる限りゆっくり歩こう

今の私にできるのはその程度のことしかできないのだから

 

 

スポンサーリンク