アーカイブ

スポンサーリンク

うつ病からの社会復帰  どの程度かかるか

うつ病の治療を受けて寛解するまでおおよそ、半年から一年半が多くなっている

再発を含めれば、私自身ももう20年くらいになる計算になる。それでも、その期間ズーッと鬱症状があるわけではないが、思い返すと強い不安障害などで常に悩んでいた

寛解と社会復帰は考え方を分ける必要がある

社会復帰はおおよそ8割方回復したときとされている

それは、日常生活をおおよそ問題なく送れる状態である

波が大きいうつ病は一度8割に回復しても翌日には2割方に戻るなんていうことも多々ある

そうなると仕事どころではなくなるので、また休職となる

それでもこの8割というのは流石に医療機関が勧めるだけあると私は思う

うつ病が10割(寛解)に届くまでの残り2割はどれだけ休んでいても到達できない

その2割は社会復帰や生活の行動で回復が可能となる

私なども仕事で潰れても、結果仕事に戻ることで寛解に近づいている

今回1年以上の時間がかかった社会復帰

その5年前に休職となった際は1ヶ月の休職で戻っている。なぜその差が生まれたか。
それには、周りのサポートと、逆に調子が戻ったときに無理することで戻ることができた(これは
あくまで奇跡的に再発しながらも会社に行き続けてだけであってリスクが多すぎるのでおすすめしない)

このように、同じ鬱でも個人差は大きい

それがうつ病である

2ヶ月で戻りたい。誰もが思う。しかし、それでも万全に次ぐ万全をつくし復帰時期を探ってほしい

そうでなければ、また再発という魔物にとらわれてしまうのだから、、、

 

スポンサーリンク