アーカイブ

スポンサーリンク

うつ病を治そうとしたんじゃない「生きようとした」だけ

人生のうちで重度の鬱状態に何度かなった

軽いものも含めると数え切れないだろうし数えたくもない

 

このブログを始めたときは、闘病まっただ中だった

今はかなり回復した
そして諦めないでよかったと思っている

大きな波は感じることもあり薬も手放せない

しかし、それ以外は健康そのものである

 

現在はうつ病をオープンにしていることもあり相談されることもあるし、心の底から少しでも楽になってほしいと願う

治ってほしい、、、そう考えるが、それが難しいことも知っているので言葉に詰まりさえする

 

実際自分の時はどうだったか考えてみた

最初は治そうと必死である

しかし何度も再発しているうちに(うつ病を受け入れよう)そう考えるようになっていた

 

それは治そうとするとはまた別の意味である

そして、その後も何度も何度も挫折した

医者から許可をもらい復職した後もそして、現在も、実にギリギリというのが客観的に見て正解だろう

世の中、当然簡単に生きていけるほど楽な世界はほとんどないし、そんな世界には興味もない

 

うつ病で苦しんでいる人のヒントになればありがたい

俺は治そうなんて贅沢は思っていない。それでも尚、生きようとはした

這ってでも無様でも生きる覚悟をした

 

というより、ほかに道がなかった

多くの人がその道を歩めますように

スポンサーリンク