アーカイブ

スポンサーリンク

うつ病は自分と会社双方の協力で回復させる2

会社と本人の双方の協力で復職は成功する

とは言え、会社側が配慮できることは大いに限られてくる

ほとんどの会社がギリギリのラインの人件費と努力で利益を生み出している

その中で更に配慮することは現実的にハードルは高い

例えば、急に休む度々休むなどされては業務が回らなくなる

失敗が続けば信頼も失う

その中で配慮が必要となってあるのだから難しいのは当然である

ここで大切なことは

『うつ病からの復職が成功すれば会社の利益になる』事実と『会社にはその義務がある』その義務の理解である

ほとんどの場合、サポートが困難になり放棄してしまう

私自身も多くの人を現場で支えてきたが、それはとても大変な事だと痛感する

自分のできる範囲のサポートと言えどもその負担は大きい

会社に求められるのは義務でサポートするだけでなく、やはり最後は人を支えることも仕事、そして、その人の人間の質に大きく左右される

うつ病は本人も周囲も大変である

しかし、それを支え合うことが今の社会に求められていることは言うまでもない

スポンサーリンク