アーカイブ

スポンサーリンク

リラックス呼吸法

呼吸法のやり方

 呼吸法は、睡眠以外にもとても重要なリラックス方法となります。まずは、口呼吸になっていないか確認してみてください。鼻呼吸を意識して、胸式呼吸(胸が膨らむ)ではなく腹式呼吸(おなかが膨らむ)でゆっくり呼吸します。基本的に人間は、あおむけで寝ているとき勝手に腹式呼吸になっていますが、、、

 あとは、吸うことより、吐くことが大切です。息は吐き切る。苦しくならないようにしてくださいね。
更に、息を止める(留めること)が最も重要と考えています。その間自律神経のバランスがとても整います
普段は息を止めることは少ないので意識が必要となりますが、意識を呼吸に持っていくことで思考が整います

 呼吸の、時間で有名なのは4-7-8呼吸法ですね。4秒吸って、7秒止める、8秒かけて吐き切る。というものです。
頭の中でリラックスと唱えるのもお薦めです。

 ただし、呼吸の気持ちよさは人それぞれのペースがあります。自分に合った時間を考えてみるのもおすすめします。

 ただし、瞑想は副交感神経が整うほかに、やりすぎると覚醒して寝れないという説もあります。

 私のお薦めは、お坊さんのように寝る30分前に瞑想して、それから布団で寝ることです。布団の中で横になりながら行ってもいいのですが、寝るためというよりは、余計なことを考えない、自律神経を整えたいというときの為だと理解し行った方がいいでしょう。

 できることなら、座禅を組む座った状態がリラックスしやすいです。胡坐でかまいません。体を振り子のように軽く揺らし、小さくしていき中心点を探ります。頭のてっぺんから糸が付いているような意識で、姿勢を整えます。
舌の先が前歯と歯茎のところにつくようにして、リラックスしてください。目は軽く開け1m前位の地面をボート観ます。

 鬱重症期は横になることしかできません。多くの方がマイナスな思考に苦しみます。私個人的にその際行えるもっともよかったのが呼吸法でした。その間は、少しでも楽になる感じはあります(劇的ではありませんし、呼吸法も疲れを感じる時がありました。)それでも、少しでも、あの苦痛からやわらぎがあれば幸いです。

スポンサーリンク

Posted by キートン