アーカイブ

スポンサーリンク

リワークとは(体験談含む)

1.リワーク支援とは

うつ病などで休職期間が長期化している方、休職と復職を繰り返している方精神疾患で休職していてなかなか復帰が難しい方を支援です職場復帰支援(リワーク支援) です。歴史は浅く平成14年厚生労働省指導の下始まり、その後、開発と研究が進み広がっていきました。行政主体の事業のほか民間の医療機関やNPO法人が行っているところもあります。

2.支援内容

うつ病などをわずらっていても、対処方法を身につけながら、無理なく復職できるよう、

(1)生活リズムの立て直し
・最初は、週3日程度から徐々に増やしていきます。生活日誌の記入や、毎週職員との面談でアドバイスしていただけました。

(2)コミュニケーションスキルの習得
・グループワークを通じて、コミュニケーションの基礎から学びます。アサーションなどの実践に応用できる手法も学びました。

(3)職場ストレスへの対処法の獲得を目的とするプログラム
・問題解決技法、ストレス対処法など学ぶことができます。

を提供し、復職に向けてのウォーミングアップ(「リワーク支援」と言われています。)を行います。

3・期間

 最長で24か月となっています。実際には3か月程度のカリキュラムになています。個人の状況によって、短くなったり、長くなったりしています。また、会社との話し合い体制がうまくいかない場合は、延長してくださいます。私の場合、最初は職場に戻りたいので最短でと、お願いしていましたが、その後の体調の悪化や、会社との交渉がうまくいかず6か月通うことになっています。面談でその辺の考慮はシッカリしてくださいます。

4・対象者

現在休職中の方が対象になります。うつ病などで休職期間が長期化している方、休職と復職を繰り返している方精神疾患で休職していてなかなか復帰が難しい方で、私が通ったところは費用は掛かりませんが、会社は休業扱いになりますのでもちろん給料はありません。交通費は自己負担ですが、通えない方はホテル代など支給されます。民間の医療機関やNPO法人では費用が掛かるところも多いようです。また、私が通ったところでは、国民健康保険は適用外となっていましたので、詳しくは、下記の相談窓口にまずはれんらくしてください。

 

5・どうやって申し込むのか・相談窓口

都道府県の障害者職業センター(東京障害者職業センターなど都道府県名がついています)で実施しており、内容の詳しい説明、どのような手続きをするかなどの相談に乗ってくれます。  このほか、精神保健福祉センター、民間の精神科病院や診療所でも「デイ・ケア」として職場復帰支援を行っている場合があります。 
職場復帰支援(高齢・障害者雇用支援機構)PDF
私の場合は、産業医から紹介ということになりました。会社(上司は)このシステムを一切知らなかったようです。リワークの職員がシステムの説明もしてくれますのでご安心を。また、会社から勧められた方や、自分で調べて来られる方もいます。

6・守秘義務について

 職員の方もかなり厳しく情報の管理に徹底してくださっています。まず初めに、利用者同士の個人情報の交換は禁止となっています。授業で知った情報も外部に漏らさない約束になっています。安心してご利用いただけます。

7・体験談

 まず、やって良かった。と素直に思います。その理由は大きく2つあり、利用者同志が似た環境を経験しているため、理解や共感ができたこと。普段は絶対話せないこともここでも、話をすることができます。私は以前、父親のアルコール中毒の家族会に参加した時も同じ感情になりました。『やっと苦労を分かり合える人がいる』。

 もう一つは、リワーク職員との関り。多分ですが、利用者と深くかかわりすぎない様教育されていると思います。が、親身になり、しっかりと病気の理解やアドバイスをしてくれます。また、会社との交渉にもできる限り(私の思った以上に)行動してくれます。正直これは職員の質の問題なので、全国のリワークでというより、私のリワークの職員が良かっただけかもしれません。私は、何度も救われました。

 カリキュラムについては、初歩のものから高度なものまであり、練習が必要なことも多いので、生かすも殺すも自分次第といったところでしょうか。ただし、私自身、認知についてかなり勉強していたつもりでしたが、間違った方法でやっていたことに気が付けたりもしました。そして自分を知る良い機会にもなりました。復職時のあいさつの練習なんかもさせてくれるんですよ。

 正直、このカリキュラムをやれば復職できるという、モノではありません。しかし、一時的でも確実に助けにはなってくれるので、ぜひ、お薦めします。

 リワークに通う頃にはまだフラフラだった私が、終わるころにはリズムがかなり戻りました。(その後会社の面談で又鬱になるんですが。。。)リワークに通った方が、通わないよりも復職率が高いようです。迷っている人はぜひ相談してみてください。

スポンサーリンク

Posted by キートン